PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

Google「コアウェブバイタルが主要なランキング要素になる可能性は低い」

投稿日:2020年9月8日 更新日:

Google:コアWebバイタルが主要なランキング要素になる可能性は低い

【Google翻訳】
GoogleのGary Illyes氏はRedditについて、コアWebバイタルが「オーガニックトラフィックの主な要因になる可能性は低い」と考えていると語った。 無視してはいけないと彼は言ったが、Googleや他の検索エンジンは、主に「ユーザーのクエリに対して最高品質で最も関連性の高い結果」に基づいてランク付けされ、必ずしもコアWebバイタルに何が含まれるかを問わない。

Googleがページエクスペリエンスの更新を発表して以来、私はこれについて述べてきました。 公開されると、全体的なランキングアルゴリズムに大きな影響があるとは思えません。 HTTPS、ページ速度、モバイルフレンドリーなど、すでにそこにある信号を見ると、それらはすべてランキング要素ですが、Googleはそれらが小さいまたは小さな要素であると述べています。

ゲイリーはそのスレッドに書いている:

他の検索エンジンと同様に、Googleはユーザーのクエリに対して最高品質で最も関連性の高い結果を表示するように努力しています。 CWVはこれらのいずれとも関係がなく、リモートであることもないため、CWVが「オーガニックトラフィックの主要な要因」になる可能性は極めて低いと考えられます。

ただし、CWVを無視できるとは限りません。

その後、誰かがこのCWV-コアWebバイタル-がライブであると提案しました。 いいえ、ゲイリーはまだライブではないことを確認しました。 「少なくともまだ、CWVはランキング信号ではありません。あなたが見ているものは何でも、CWVに関連している可能性はほとんどありません。」

これは、ほとんどの人にとって驚くべきことではありません。 はい。サイトを優れたユーザーエクスペリエンスにしたいのですが、クエリに最も関連性の高いコンテンツがサイトにある場合は、コアとなるウェブの重要なシグナルのパフォーマンスが低くても、Googleはサイトを高いランクにランク付けします。

ゲイリーは説明しました:

■Google Gary Illyes(ゲイリー・イリーシュ)氏(@methode)
私が理解しているように、WVはあるレベルの* a *ランキングファクターになる可能性が高く、「主要な」ランキングファクターになる可能性があります。 (実際のコンテンツは依然として最も重要なまま、つまり最も重いものです。)

私たちはそれが* a *ランキング要素になることを発表しました、それは知られています。 私はそれが*主要な*ランキング要素になる可能性を単に除外しました。 それが最終的に中間になるものは何も知られていないので、私はそれについて推測するつもりはありません。

コア ウェブ バイタルは主要なランキング要因にはならない

グーグルのゲイリー・イリェーシュ氏がこのスレッドに登場し、こんなふうに回答した:

『グーグルは、ユーザーのクエリに対して最も高品質で最も関連性がある結果を上位表示しようと、必死に取り組んでいる。
しかしコア ウェブ バイタルは、品質とも関連性とも関係がない。「コア ウェブ バイタルがオーガニック検索の唯一の主要な要因になる」なんてことは、まったくありえない。
と言っても、コア ウェブ バイタルを無視していいということではないけれど。』

これに対して、元の投稿者は次のように反論している:

「ぼくの業界では、コンテンツなんて9割が同じだ。だからCWVがより重要になるんじゃないかな。」

しかしイリェーシュ氏はこれに対して次のようにコメントしている:

『コア ウェブ バイタルは少なくともまだランキング要因ではない。きみが何を見たにせよ、その変動がコア ウェブ バイタルと関係がある可能性は極めて低いね。』

コア ウェブ バイタルを含むユーザー体験の要素をランキング要因に使っていることを説明する検索ガイドラインには次のように書かれている。

ロードマップの記載どおりに変更が実施された場合、ページ エクスペリエンスは、Google が検索結果を生成する際に考慮する数百のシグナルのひとつになります。
ページ エクスペリエンスは重要ですが、それでも Google は、ページ エクスペリエンスが劣っていても、全体的に価値の高い情報を含むページを上位にランキングするようにしています。つまり、いくらページ エクスペリエンスが優れていても、コンテンツが優れたページを上回ることはありません。ただし、関連性が同程度のページが多数存在する場合の検索ランキングにおいては、このページ エクスペリエンスが一段と重要になります。

ページ エクスペリエンスの Google 検索結果への影響について [Google 検索デベロッパー ガイド]より)

イリェーシュ氏はツイッターで次のようにも発言している。

『コア ウェブ バイタルがランキング要因の1つになると僕らは発表していて、これは知られていることだ。(レディットでの投稿では)コア ウェブ バイタルが唯一の主要なランキング要因になる可能性を除外したに過ぎない。
最終的にどの程度の影響力になるかはわからないし推測するつもりもない。』

イリェーシュ氏のコメントは、英語で「the primary ranking factor」と「a ranking factor」の違いを強調している。公式に発表しているのはCWVが「ランキング要因の1つ」になることだ。

どの程度の重み付けになるかは示されていないが、少なくとも「唯一の主要なランキング要因」ではないということだ。もしかしたら、「ページスピードの扱いよりも多少は強くなるかも」程度でしかない可能性もある。

SEOコンサルタントのまとめ

Googleが「コアウェブバイタルが主要なランキング要素になる可能性は低い」と言いました。
「コアウェブバイタル」は来年ランキング要素となりますが、やはりあくまで一番重要なのは「コンテンツ」だということですね。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2022 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述