【逆SEO】Yahoo!検索のエゴサーチで嘘の検索結果、名誉毀損で削除命じる!

【逆SEO】Yahoo!検索のエゴサーチで嘘の検索結果、名誉毀損で削除命じる!

Yahoo!検索で自分の名前を検索(エゴサーチ)した時に事実とは違う検索結果が出たとして、削除の命令が出ました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヤフーに仮処分

うその検索結果、削除命じる=ヤフーに仮処分-名誉毀損「事業者に責任」・東京高裁[時事ドットコム]

インターネット検索サイト「ヤフー」で自分の氏名を検索すると、うその書き込みが表示されるとして、東京都内の男性がヤフー(東京)に検索結果の削除を求めた仮処分申請で、東京高裁が昨年10月、「真実でないことが明らかな場合には、事業者が削除すべきだ」として削除を命じていたことが19日、分かった。
最高裁は昨年1月、検索結果の削除について「プライバシー保護が明らかに優越する場合には認められる」との初判断を示した。東京高裁の決定はこれを踏まえたとみられ、同種訴訟に影響を与える可能性がある。(2018/01/19-12:37)

SEOコンサルタントの感想

まああくまでもこの方の場合は、という事でしょうね。
エゴサーチで嘘の検索結果なんて、有名人なんかほぼ全員そうでしょうし。
私の経験で言えば、GoogleサジェストやGoogleレビューで削除対象となるのは明らかに誹謗中傷で名誉を著しく傷つけるワードのみですね。
そういうワードを出されて嘘の情報を書かれた場合は削除申請する事をお勧め致します。

SEO・Google・Yahoo削除関連記事





SEO・誹謗中傷対策のご相談

SEO・誹謗中傷対策のご相談もお待ちしております。

SEOコンサルタント問い合わせ

Yahoo!検索関連記事



SEO注目記事

SEOまんが

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/プロローグ『SEOコンサルタント登場』

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第1話『SEO・内部対策をしよう!』

SEO関連著書

【本の情報】
■出版社:宝島社
■タイトル:『DeNAと万引きメディアの大罪』
■ページ: 240ページ
■著者:別冊宝島編集部 (編集)
※白石竜次は寄稿

SEO情報アンテナ

スポンサーリンク
スポンサーリンク