【SEO・ベニスアップデート】検索する場所で検索結果が変わる例「婚姻届」「出生届」

SEO・ベニスアップデート】検索する場所で検索結果が変わる例「婚姻届」「出生届」

現在のGoogleでは「ベニスアップデート」によって、ユーザーが検索する場所により、よりユーザーに最適化された
検索結果が表示されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベニスアップデートとは

ベニスアップデートとは?
「ベニスアップデート(ヴェニスアップデート」
英語:「Venice Update」
・・・ユーザーの位置情報を検索結果に反映するGoogleのアルゴリズムのことです。

ベニスアップデートの検索結果事例

ベニスアップデートによって検索した地域に合わせた検索結果となった例を紹介します。
今回の検索条件は

・Googleアカウントにログインしていない
・Googleクロームのシークレットモードを使用
・検索場所は東京都豊島区

というものです。

婚姻届」の検索結果

Googleで「婚姻届」と検索した結果です。

検索場所である豊島区のページや、「婚姻届ダウンロードサイトの豊島区の説明ページ」が表示されています。

出生届」の検索結果

Googleで「出生届」と検索した結果です。

横浜市や川崎市など違うものもありますが豊島区役所のページや豊島区関連ページが表示されます。

「結婚式場」の検索結果

Googleで「結婚式場」と検索した結果です。

「豊島区」というくくりでは範囲が狭いのか、適切なページが無かったのか、東京関連のサイトが表示されました。

SEO用語の記事



検索面白ネタの記事







スポンサーリンク
スポンサーリンク