ページ内の文章・キーワードを確認しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■初心者向けSEO対策2010
ページ内の文章・キーワードを確認しよう

▼ここまでの作業の復習も兼ねて、ここではページ内の文章とキーワードについて、SEO的な観点から効果の有無を確認してみましょう。

①重要な文章、見出しについて

重要な文章、見出しは、どうしても見た目を優先し、画像にしてしまいがちです。もちろん、会社のイメージや購買意欲、売り上げへの影響を考えると、見た目のイメージも重要です。そこで、社内でも相談の上、可能な範囲で文書や見出しをテキストで記述し、<h1>タグや<strong>タグで強調しましょう。また、重要なキーワードは<body>タグや<hx>タグのすぐ左に配置すると効果が高いです。

②キーワード出現頻度について

以前は、「キーワード出現頻度」というのが大きく影響していました。ページの文章に対して、キーワードの頻度は4~6%がいい、10%がいいなどと言われてきました。しかし、最近では、キーワード出現頻度の重要性はそれほど高くないと言われています。そのため、神経質になる必要はないのですが、スパム判定が怖いので4%にしておいたほうがよいのではないでしょうか。

③ペナルティについて

これまでも再三言ってきましたが、キーワードが近接しすぎていたり、<h1>タグや<title>タグに2個以上キーワードを入れてしまうと、ペナルティになり、順位を下げられてしまうことがあるので注意してください。

④関連キーワード

近年、検索エンジンは進歩しており、「キーワードの関連性」を認識していると言われています。ですから、無理にキーワードを詰め込まなくても、単語の間に関連性のある自然な文章を書いていけば、検索エンジンはきちんと評価してくれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SEO情報・ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク