【SEO】Google検索結果の「サイトリンク」を表示させる為のテクニック

SEO】Google検索結果の「サイトリンク」を表示させる為のテクニック

Google検索結果の「サイトリンク」。これが表示されることはサイトにとって大きな効果があります。
どうすれば「サイトリンク」に思った項目を表示させることができるのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「サイトリンク」の仕組みと表示と対策

このサイト リンク表示の仕組みですが、 Googleの公式ヘルプ ページによると「 ユーザーの役に立つと Googleが判断した場合のみ、 検索結果に表示されます」と記載されており、 ウェブマスター側で表示の有無を選択できるものではありません。

サイト リンクを表示させる上で、サイトの全体像やそのページ間の関係性などを Googleが理解しやすい状態に整えておくことが重要です。

多くのサイトを見ると、サイト リンクに表示されるリンクは、グローバル ナビゲーションやサイドバー、フッターナビーションに含まれている リンクであるケースが多く見受けられます。

サイト リンクの表示文言ですが、ここの法則性や表示ロジックは解明されておらず一概には言えないのが現実です。ですが、 タイトル部分には、通常の自然検索同様 ページのtitle要素が引用され、説明文にはmeta description要素が引用されるケースが散見されます。

「構造化データマークアップ」を活用することをオススメします。構造化データマークアップは、サイトの記述文言に対して「意味合い」をメタデータとして持たせることで、 検索エンジンがその文言の持つ内容を解釈することを手助けします。

サイトの ナビゲーションを意味する構造化データには、schema.org の SiteNavigationElement というマークアップ形式を使用してみましょう。

(ferret より)

サイトリンクとは?

Google の検索結果で一部のサイトの下部に表示されるリンクはサイトリンクと呼ばれ、ユーザーがそのサイトに移動する際に役立ちます。Google では、サイトのリンク構造を解析して、情報を迅速に見つけるために役立つショートカットを検出します。

1: 主な検索結果

2: サイトリンク

サイトリンクは、ユーザーの役に立つと Google が判断した場合のみ、検索結果に表示されます。サイトの構造が原因で Google のアルゴリズムが適切なサイトリンクを見つけることができない場合や、サイトリンクとユーザーのクエリとに関連性がないと思われる場合、サイトリンクは表示されません。

現時点では、サイトリンクは自動化されています。Google ではサイトリンクのアルゴリズムを改善できるよう常に努力しており、将来は、ウェブマスターによる入力を取り入れる可能性もあります。一方、サイトリンクの品質を向上させるために参考にできる方法もいくつかあります。たとえば、サイトの内部リンクでは、簡潔に情報を伝え、繰り返しを避けたアンカー テキストと alt テキストを使用するようにします。
(Googleの公式ヘルプページ より)

「サイトリンク」の表示方法まとめ

以前書いた記事がこちらです。

・グローバルナビゲーションにサイトリンクで表示させたいページを入れる(リンク)
・サイトリンクで表示させたいページを浅い階層にする
・スキーマタグをグローバルナビゲーションに設置
・alt属性をきちんと設置する

改めてまとめると

「現状、「サイトリンク」を確実に表示させることはできない」
「ただ、サイトリンクを表示させやすく、サイトリンク表示に近づける方法はある」

サイトリンク表示の為にすべきこと

・検索結果での上位表示
・ナビゲーション(グローバルナビゲーションやフッターナビーション)にリンク設置
・ナビゲーション(グローバルナビゲーションやフッターナビーション)に構造化データマークアップを実装(スキーマタグ)
・ページのtitle要素を最適化
・画像のAlt属性を最適化
・リンク先のコンテンツの質
・「ユーザーの検索意図」の考慮
・検索KWとの関連性

ナビゲーション(グローバルナビゲーションやフッターナビーション)に構造化データマークアップを実装の例

【SiteNavigationElement設置前】

<ul>
<li><a href=”/company/”>会社概要</a></li>
<li><a href=”/service/”>サービスのご紹介</a></li>

</ul>

【SiteNavigationElement設置後】

<ul itemscope itemtype=”http://schema.org/SiteNavigationElement”>
<li itemprop=”name”><a href=”/company/” itemprop=”url”>会社概要</a></li>
<li itemprop=”name”><a href=”/service/” itemprop=”url”>サービスのご紹介</a></li>

</ul>

リンク先のコンテンツの質

あるサイトのサイトリンクを見たら、サイトリンクが6つ表示。
グルーバルナビゲーション5つのうち4つがサイトリンクとして表示され、もう1つはTOPページ内の別のリンクでした。
表示されなかったグルーバルナビゲーションのリンク先を見たら、ほぼ写真のみでコンテンツとしては薄いものでした。
この事から「コンテンツの良いページ(リンク先)が優先して表示される」と思われます。

「ユーザーの検索意図」の考慮

また、あるサイトではグルーバルナビゲーションよりも「価格」「地域のページ」は優先して表示されていました。
サイトリンクにおいても「ユーザーの検索意図」を考慮されていると思います。

検索KWとの関連性

例えば会社名でのサイトリンクは、グルーバルナビゲーションに無い「会社情報」のサイトリンクが表示されたりします。


KW「技術評論社」の例

サイトリンク関連記事


Googleアルゴリズム関連記事

















スポンサーリンク
スポンサーリンク