【SEO】最新「テクニカルSEO」に関する記事の感想

SEO】最新「テクニカルSEO」に関する記事の感想

最近のSEO関連記事の中で特に参考になった「初心者必見。テクニカルSEOに関する19の事実」という記事の感想です。
基本的に記事全部が参考になりますので是非読んで頂きたいと思います。
ここでは特に気になった項目に感想を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テクニカルSEOに関する19の事実

ページスピードとSEO

1.ページスピードは重要

PageSpeed Insights

モバイルサイトの読み込み速度とパフォーマンスをテストする – Google

サイトのページスピードについては最近かなり言われていて、以前はSEO、検索順位への影響は少ないような表現の印象でしたが最近は「サイトのページスピードは順位に影響ある」と言われるようになってきました。
上記の「PageSpeed Insights」などでチェックして、改善することがSEOの観点からも重要になってきています。

2.robots.txtファイルは、サイトのメインディレクトリに配置されなければならない。

無限スクロールとは

3.クローラはいつでも無限スクロールにアクセスできる訳ではない

無限スクロールを自分のサイトへ使用するときは、長いスクロールページに加えてページネーションが実装(ページが分割)されていることを確認しよう。

「無限スクロール」とは、ページを下にスクロールして読み進めるとページが自動的に更新され、新しい情報が表示されるしくみのことです。
クリック(タップ)するよりもユーザビリティが優れています。

4.Googleはサイトマップをどのように構築しようが気にしない。
5.noarchiveタグは、Google内ランキングには悪影響を与えない
6.通常Googleは、ホームページを最初にクロールする
7.Googleは内部リンクと外部リンクを別々にスコアリングしている

クロールバジェットとは

8.グーグルサーチコンソール内でクロールバジェットの確認ができる
9.SEO的な価値を生まないページをDisallowページに指定することで、クロールバジェットが改善される

「クロールバジェット(Crawl Budget)」とはGooglebotがサイトをクロールする量の割り当てのようです。

Googlebot のクロール バジェットとは?[Google ウェブマスター向け公式ブログ]

「クロール バジェット(クロールの割り当て)」についてさまざまな定義を耳にします。しかし、外部的に「クロール バジェット」と言われているものを一言で説明できるような言葉はGoogle内部にはありません。

新しいページが公開された当日にクロールされることが多い場合、ウェブマスターの方がクロール バジェットを重視する必要はありません。

・・・なのでほとんどの場合(サイト)において、神経質に気にする必要は無いと思います。

サイトマップについて

10.サイトマップについて知ることはたくさんある

・XMLサイトマップはUTF-8でエンコードされていなければならない
・URLのセッションIDを含んではならない
・URLの数は5万個以下で、50MBを超えてはならない
・サイトマップインデックスファイルは、複数のサイトマップよりも推奨されている。
・ビデオ、画像やニュースなど、メディアの種類に合わせて別のサイトマップを使用することができる。

モバイルファースト

11.Googleのモバイルクローラが、どのようにあなたのウェブサイトを「見て」いるのかを確認できる

モバイルファーストインデックスに移行する中で、自分のページに対してモバイルデバイス上での動作確認を行う事は、かつてないほど重要になっている。
モバイルデバイス上のユーザビリティに対して問題のあるページを特定するために、サーチコンソールのモバイルユーザビリティレポートを使用すると良い。
モバイルフレンドーテストを試すこともできる。

モバイルフレンドーテスト

・・・もはや「モバイルサイト」が基本のサイトであり、基準値となっていますのでモバイル化(レスポンシブ化)は必須ですね。

表示速度は2~3秒までに

13.ページロードタイムを2~3秒で抑えるよう努力すべき

Googleのウェブマスタートレンドアナリストのジョン・ミューラー氏は、ロード時間を2~3秒に抑えることを勧めている。(これより長かったとしても、必ずしもランキングに影響を及ぼすわけではないが)

12.Googleの検索結果の1ページ目のうち、半分はHTTPS
14.robots.txtでの命令は、Google内ランクすることを(完璧には)止められない
15.新しいドメインから主要ドメインに対して、権威(canonical)を追加できる
16.Googleは同一の箇所で、少なくとも1年はリダイレクトを続けることを推奨している

Google検索結果のサーチボックスはコントロールできる

17.Googleのサーチボックスをコントロールできる

Googleは時に、あなたの検索結果の中にサーチボックスを含ませることがある。
このサーチボックスはGoogle検索によってもたらされており、あなたのサイト内の関連コンテンツをユーザーに見せる機能をしている。
望むのであれば、このサーチボックスを自分の検索エンジンによって強化したり、モバイルアプリの結果を含ませることができる。
さらにnositelinkssearchboxメタタグを使用することにより、サーチボックスを無効化することができる。

18.notranslateタグを利用することにより、検索の中で翻訳されるのを防ぐことができる
19.Firebase app indexingを使うことによって、アプリをGoogle検索に含めることができる。

サイトリンク関連記事


Googleアルゴリズム関連記事



















SEOコンサルタント問い合わせ
SEOコンサルタント問い合わせ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク