SEO専門家にアンケート!優先順位が高いのは?SEOの予算は?

SEO専門家にアンケート!優先順位が高いのは?SEOの予算は?

アメリカのSEOスペシャリスト240人を対象に行ったアンケート結果です。

米国SEO専門家240人調査

米国SEO専門家240人調査:SEOの月額予算は? 優先するのはテクニカル? コンテンツ? 効いた施策は?[WEB担]

エンタープライズレベル企業は、SEOに対し小規模企業よりも多く支出しているが、企業によって予算の差は大きい。

エンタープライズレベル企業の45%が、SEOのために月2万ドル(およそ200万円)以上を投資している。一方で、11%の企業は月1,000ドル(およそ20万円)未満しか割り当てていない。

SEO支出の優先順位が高いのは「テクニカルSEO」「コンテンツ制作」「トラフィック分析」。次いで4番目に「リンクビルディング」がランク付けされている。

「リンクビルディング」は、価値があると考えているものの「実行するのがもっとも難しいSEO戦略」として強く認識されている。

SEOアンケート結果

これは、米国内のSEOスペシャリスト240人を対象に行った「エンタープライズSEO調査」の結果からポイントを抽出したものです。
SEOの分野は驚異的なペースで進化し、日々競争が激化しています。そうした業界の状況と、企業が下すべき判断に関して、
エンタープライズレベルのSEOチームにおいて、どの戦略がうまくいき、どれがうまくいかなかったか? モバイルファーストへ向けた取り組みに対し、企業はどのように準備を進めているのか?
といった疑問に答え、さらに多くの知見を得るために広範に行った調査です。
(WEB担より)

企業はSEOにいくら使っている?

最初は実に興味深いデータです。
中小企業の方々は「SEOに出せる予算なんて無い!」
という会社さんがほとんどです。
しかし上位のライバル会社はSEOにお金を使っているのです。

Q:「2017年におけるあなたの会社のSEOの平均月額費用がいくらかお答えください」

■1000ドル未満(約10万円未満)…27%
■1000ドル~2500ドル(約10万円~約26万円)…9%
■2501ドル~5000ドル(約26万円~約53万円)…19%
■5001ドル~10000ドル(約53万円~約103万円)…14%
■10001ドル~20000ドル(約103万円~約212万円)…13%
■20000ドル以上(約212万円以上)…18%
※ソース:240名のSEOプロフェッショナルに対する調査
(North Star Inbound社、seoClarity社、BuzzStream社にて実施)

【企業規模別】企業はSEOにいくら使っている?

上記は大企業も中小企業も含めてのものです。
中小企業の方は当然「そりゃ大企業は沢山予算出せるでしょうよ!うちはそんなに出せん!」
と仰るでしょうね。そこで企業規模別のデータをお見せします。

Q:「2017年におけるあなたの会社のSEOの平均月額費用がいくらかお答えください」

●エンタープライズ(従業員500人以上)
■1000ドル未満(約10万円未満)…11%
■1000ドル~2500ドル(約10万円~約26万円)…6%
■2501ドル~5000ドル(約26万円~約53万円)…7%
■5001ドル~10000ドル(約53万円~約103万円)…20%
■10001ドル~20000ドル(約103万円~約212万円)…11%
■20000ドル以上(約212万円以上)…45%
●中規模企業(従業員101~500人)
■1000ドル未満(約10万円未満)…14%
■1000ドル~2500ドル(約10万円~約26万円)…17%
■2501ドル~5000ドル(約26万円~約53万円)…21%
■5001ドル~10000ドル(約53万円~約103万円)…17%
■10001ドル~20000ドル(約103万円~約212万円)…10%
■20000ドル以上(約212万円以上)…21%
●小規模企業(従業員1~100人)
■1000ドル未満(約10万円未満)…27%
■1000ドル~2500ドル(約10万円~約26万円)…18%
■2501ドル~5000ドル(約26万円~約53万円)…20%
■5001ドル~10000ドル(約53万円~約103万円)…20%
■10001ドル~20000ドル(約103万円~約212万円)…6%
■20000ドル以上(約212万円以上)…9%
※ソース:240名のSEOプロフェッショナルに対する調査
(North Star Inbound社、seoClarity社、BuzzStream社にて実施)


▼従業員1人と100人では全然違いますけどね。。。
おそらく従業員1~10人の会社ほとんどが「約10万円未満」だと思います。

SEO施策で最も優先順位が高いものは??

Q:「SEOチームで最もリソースを割いている分野は?」

これもみなさん興味深い質問だと思います。

■テクニカルSEO…3.17
■コンテンツ制作…2.70
■トラフィック分析…2.33
■リンクビルディング…1.80
※ソース:240名のSEOプロフェッショナルに対する調査
(North Star Inbound社、seoClarity社、BuzzStream社にて実施)

Q:「下記の取り組みに対するリソース配分の優先順位は?」

これはSEOの専門家がどの項目に優先順位を付けたかの結果です。

【テクニカルSEO
■1位(最も重要)…52.1
■2位…22.9
■3位…14.4
■4位(重要度が低い)…10.6
【コンテンツ制作】
■1位(最も重要)…25.0
■2位…28.4
■3位…38.6
■4位(重要度が低い)…8.1
【トラフィック分析】
■1位(最も重要)…12.3
■2位…33.5
■3位…29.7
■4位(重要度が低い)…24.6
【リンクビルディング】
■1位(最も重要)…10.6
■2位…15.3
■3位…17.4
■4位(重要度が低い)…56.8
※ソース:240名のSEOプロフェッショナルに対する調査
(North Star Inbound社、seoClarity社、BuzzStream社にて実施)

被リンク外部対策
▼そのデータも「リンクビルディング」が一番低い!
さすがSEOの専門家ですね。もう被リンクSEOの時代じゃない℃、という事ですね。

2017年で最も成果のあったSEO戦略

Q:「2017年で最も成果のあったSEO戦略は?」
SEOの施策でどれが成果あったか?というのはみなさんも気になる所でしょう。

●エンタープライズ(従業員500人以上)
■テクニカルな内部最適化…33%
■ユーザーエクスペリエンスの最適化…17%
■エバーグリーンコンテンツ(定番コンテンツ)…15%
■モバイル検索の最適化…12%
■ローカル検索の最適化…9%
■リンクビルディング…7%
■ブログ…7%

●中規模企業(従業員101~500人)
■テクニカルな内部最適化…33%
■ユーザーエクスペリエンスの最適化…14%
■エバーグリーンコンテンツ(定番コンテンツ)…14%
■モバイル検索の最適化…6%
■ローカル検索の最適化…12%
■リンクビルディング…10%
■ブログ…11%

●小規模企業(従業員1~100人)
■テクニカルな内部最適化…27%
■ユーザーエクスペリエンスの最適化…10%
■エバーグリーンコンテンツ(定番コンテンツ)…12%
■モバイル検索の最適化…7%
■ローカル検索の最適化…11%
■リンクビルディング…16%
■ブログ…17%

▼「コンテンツSEO」の時代ですがまだまだ「テクニカルな内部最適化」は必要です。
もちろん「コンテンツ作成」もある意味「内部対策」ですけどね。

SEOコンサルタントの感想

その他の質問では「2017年最も緊急度の高いSEOの質問で
■大企業⇒「コンテンツ制作」
■中規模企業⇒「コンテンツ制作」
■小規模企業⇒「リンクビルディング」

が1位でした。

SEO担当者が最も難しい領域は?」の質問は
■大企業⇒「リンクビルディング」
■中規模企業⇒「リンクビルディング」
■小規模企業⇒「リンクビルディング」

が1位でした。
小規模企業のサイトはページ数も少なかったりするので内部対策はなんとかできるけど、
それより「どうやったらナチュラルリンクが集まるのか?」「ナチュラルリンクが集まらない」
という事にとにかく悩んでいる状況です。
確かに小規模企業にとって被リンクを集める事は本当に難しいです。
だからまだまだSEO業者の被リンクサービスがあるんですよね。

SEOコンサルタント関連記事





その他お仕事のご依頼/お問合せ


お仕事のご依頼やお問合せはこちらからお願い致します。

●講演依頼・セミナーのお申し込みはこちら⇒「講演依頼のスピーカーズ」

SEOセミナー申し込み

●内容などについてのお問い合わせはこちら⇒メールフォーム(白石竜次へのお問い合わせ)

SEOセミナー問い合わせ

SEOまんが

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/プロローグ『SEOコンサルタント登場』

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第1話『SEO・内部対策をしよう!』

SEO関連著書

【本の情報】
■出版社:宝島社
■タイトル:『DeNAと万引きメディアの大罪』
■ページ: 240ページ
■著者:別冊宝島編集部 (編集)
※白石竜次は寄稿

SEO情報アンテナ

スポンサーリンク
スポンサーリンク