【逆SEO】転載したまとめサイト初!「保守速報」に200万円の賠償命令!

【逆SEO】転載したまとめサイト初!「保守速報」に200万円の賠償命令!

まとめサイト「保守速報」に対し大阪地裁が200万円の賠償命令を命じる判決を出しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめサイト「保守速報」に200万円の賠償命令!

まとめサイト「保守速報」に賠償命令 ヘイトスピーチ訴訟[ITmedia]

「2ちゃんねる」などに書き込まれた差別的な投稿を、まとめサイト「保守速報」にまとめて掲載され、名誉を傷つけられたとして、在日朝鮮人の女性が、「保守速報」運営者の男性に対して2200万円の損害賠償を求めていた裁判の判決で、大阪地裁は11月16日、男性に200万円を支払うよう命じる判決を出した。

投稿を書き込んだ本人や直接書き込まれたサイトではなく、転載したまとめサイト運営者への賠償命令は珍しい。

(ITmediaより)

まとめサイト「保守速報」管理人「多分、控訴すると思います」

まとめサイト「保守速報」管理人は2017年11月16日の記事で
「多分、控訴すると思います」とコメントしていました。

保守速報管理人です。
読者のみなさま、いつもブログに訪問頂き誠にありがとうございます。

多分、控訴すると思います。

2017年11月16日15:04 「保守速報」より

SEOコンサルタントの感想

「まとめサイト」と呼ばれているサイトにはいくつかの種類があります。
「NAVERまとめ」のような、ネット上にある様々な記事をの引用が大部分のサイト。
「トレンドブログ」のように、基本的にはライターが書いたオリジナルテキストのサイト
そして「5ch(2ch)」のテキストの転載がメインのサイトです。
この「保守速報」は「5ch(2ch)」のテキストの転載がメインのサイトです。
このような「転載」のサイトに対して賠償命令の判決が出たのは今回は初ということです。
これにより今後の「5ch(2ch)まとめサイト」が変わってくるかもしれません。

SEO・誹謗中傷関連記事









SEOまんが

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/プロローグ『SEOコンサルタント登場』

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第1話『SEO・内部対策をしよう!』

スポンサーリンク
スポンサーリンク