【SEO】誤字でもGoogle検索で上位表示される(てしまう)事例

誤字でもGoogle検索で上位表示される(てしまう)事例

今回は自虐ネタでお送りします。
そしてGoogleが「検索意図を理解する」という事の解説となります。
先日、
【SEO】WantedlyがDMCAで誹謗中傷を削除し批判されている件まとめ
という記事を書きました。
実は最初に「DMCA」のことを「DCMA」と誤って書いてしまいました。
IT関連で仕事をするものとしては本当にお恥ずかしいことです。
記事をアップしてすぐに誤字に気がつき、修正をしたのですが、既にGoogleのクローラーにクロールされてしまい、検索結果に「DCMA」の表記のタイトルのほうが表示されてしまっています。
誤字でもGoogle検索で上位表示される
記事を投稿して3数日経過しても変わっていません。
しかしながら、Google検索での
『Wantedly dmca』というキーワードの検索で1P目に表示されています。

誤字でもGoogle検索で上位表示される2
「DCMA」と誤字の状態でクロールされたのにも関わらず、Google検索で上位表示されている。
まさに
『Googleが検索意図を理解する』
という状態なのです。

2017年3月13日に「DeNAのキュレーションメディア問題」を取り上げた書籍『DeNAと万引きメディアの大罪』に寄稿しました。
この度私は、この本『DeNAと万引きメディアの大罪』の原稿を数ページ書かせて頂きました。

この本の記事の中でも『Googleが検索意図を理解する』という事について解説をしております。
『検索意図を理解するGoogle』
として、
・「炊飯器が壊れた」とGoogle検索した時の例
・「Yahoo!」の誤字で検索した時の例
・SKE48のアイドル「菅原茉椰」さんの名前の誤字で検索した時の例


などを紹介しています。

Google検索のユーザーに対する理解力がどんどん上がってきていますね。
みなさんも誤字にはご注意してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※追記:Google検索結果に誤字のタイトルと修正後のタイトルが並んで表示!


・・・この2つはタイトルとURLは違いますが、同じページです。
それが並んで表示されているのです。

[リンク]
DeNAと万引きメディアの大罪(アマゾン)

SEO関連著書

コンサルティングサービスのご案内

白石によるコンサルティングサービスを行います。
・内部対策
・コンテンツSEO

などについてアドバイスをします
(※月額報酬です。)

被リンクサービス(A/B)のご案内

※2種類の被リンクサービスがございます。
被リンクサービスA
20リンク設置:半年契約
30リンク設置:半年契約
40リンク設置:半年契約
50リンク設置:半年契約

⇒⇒SEO被リンクサービスについての詳細はこちら

オールドドメイン販売サービスのご案内

3万円~30万円のオウンドメディア、サテライト用から
15万円~100万円のプレミアムまで多数ございます。
⇒⇒SEOオールドドメインサービスについての詳細はこちら

ワードプレスSEOのご案内

多数のワードプレスサイトを作成、運営しております。
プラグインの使用を含めた効果的なSEOをアドバイスします。

その他お仕事のご依頼/お問合せ

お仕事のご依頼やお問合せはこちらからお願い致します。
●講演依頼・セミナーのお申し込みはこちら⇒「講演依頼のスピーカーズ」

SEOセミナー申し込み

●内容などについてのお問い合わせはこちら⇒メールフォーム(白石竜次へのお問い合わせ)

SEOセミナー問い合わせ

講演依頼ネット-講演会の講師派遣サイト-

スポンサーリンク
スポンサーリンク