【SEO】Google音声検索の品質評価ガイドラインが公開!

SEO】Google音声検索の品質評価ガイドラインが公開!

Google音声検索の品質評価ガイドラインが公開されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Googleアシスタントの音声回答の品質評価ガイドラインをGoogleが公開

Googleアシスタントの音声回答の品質評価ガイドラインをGoogleが公開[海外SEO情報ブログ]

Google アシスタントによる音声回答の1つの評価軸は “Needs Met” です。
これはクエリに対する音声回答がユーザーが必要としている情報、つまりニーズをどのくらい完全に満たしているかどうかの評価になります。

もう1つの評価軸は、音声回答の品質です。

ウェブ検索の品質評価ガイドラインとは違って、音声回答の品質評価ガイドラインには音声検索の最適化に今すぐ直接に役立つような情報が含まれているようには僕には思えませんでした。

Evaluation of Speech for the Google Assistant
https://research.googleblog.com/2017/12/evaluation-of-speech-for-google.html

Google音声検索の品質評価ガイドライン(翻訳)

※Google翻訳で翻訳しましたのでおかしな表現があります。
正しい情報は「海外SEO情報ブログ」さんを見て頂ければと思います。
(一部省略)

Evaluation of Search Speech – Guidelines
https://storage.googleapis.com/guidelines-eyesfree/evaluation_of_search_speech_guidelines_v1.0.pdfアイ フリーの音声アシスタントは、ユーザからの音声クエリを理解することができる電子デバイスであり、 ユーザーに代わって音声応答や行動を起こすことができます。 たとえば、Googleホームはスマートなスピーカーです Googleアシスタントで目を覚まさずにやり取りすることができます。 アイフリーデバイスには画面がありませんが、 ユーザの家庭内の他の装置に接続されてもよい。 例えば、目のない装置は、 テレビに接続してビデオを再生する。 この作業では、「アイ フリー」 という用語は、 画面やキーボード(または非常に限られた画面やキーボード)を使用するため、 デバイスはそれと話し、音声応答を聞きます。 このタスクでは、ユーザーがGoogle Assistantに話す可能性のあるクエリと、対応する アシスタントからの応答。 評価するロケールでユーザーを表現することは非常に重要です。 応答には、デバイスによって発せられた音声、 デバイス、またはその両方、または時にはテレビで再生されるビデオ。 あなたの仕事は、応答に関するフィードバックを提供することです アシスタントから。 具体的には、レスポンスの有用性についてのフィードバックと、 音声応答、音声の質。 各評価の詳細は以下の通りです■ニーズの評価
アクションとアンサーの結果を評価する方法については、 一般的なガイドラインを ご覧ください。 必要なスケール。 以下は、アイフリーデバイスからの応答のいくつかの追加の例です。 クリックしてAnswersの例を表示/非表示にします

▼クエリ
「チャールズダーウィンの高さは?]」
▼音声応答
「チャールズ・ダーウィンが立ち上がった 5フィート、11 1/2インチの高さ。」
▼評価
完全にこの話し合いに会う
▼討論
完全に答えます

▼クエリ
「ウィリアムブレイク」
▼音声応答
「example.comによると、 ウィリアム・ブレイクは 英語の詩人、画家、そして プリントメーカー。」
▼評価
非常に 会う
▼討論
この音声応答 ?を満たすだろう 情報ニーズ クエリによって示される。 一部のユーザーは 追加が欲しい

▼クエリ
「天気はどうこれのようになりますか 週末?」
▼音声応答
「それは69度になります 曇った」
▼評価
適度に 会う 少し 会う
▼討論
レスポンス いくつかの便利な 情報、しかし クエリは、 天気予報の 週末全体 ほとんどのユーザーは より詳細にしたい 応答。

■音声品質評価
音声応答の場合は、音声結果の音声品質も評価する必要があります。 この演説のために 品質評価では、応答の事実上の正確さを考慮しないで、それぞれの 音声品質が許容可能かどうかを判断するために、以下の要因が必要です。 すべてのタスクは、次の2つの要因について質問します。
● 長さ:内容の複雑さに合った適切な長さの応答でしたか? それがより簡潔で詳細であれば、ユーザーにとって有益でしょうか?
● 定式化:それは文法的であったか? 応答はあなたが期待する方法で策定されましたか? それを定式化するネイティブスピーカー? マシンや完全に流暢でない人とは対照的に 言語。 答えに帰属が含まれていた場合、コンテンツのソースは明確であり、 理解できますか?

SEOコンサルタントの感想

Google翻訳と同じで、全然だめですね。まだまだ不便だということです。

参考資料:Google検索の品質評価ガイドライン
https://static.googleusercontent.com/media/www.google.com/ja//insidesearch/howsearchworks/assets/searchqualityevaluatorguidelines.pdf

「OK、Google」関連記事

Google音声検索での「OK、Google」は「恥ずかしい」という意見まとめ


「OK Google」の大喜利ネタにGoogle公式アカウントがマジレスの突っ込み!

検索面白ネタの記事










SEOまんが

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/プロローグ『SEOコンサルタント登場』

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第1話『SEO・内部対策をしよう!』

スポンサーリンク
スポンサーリンク