【SEO】Googleは被リンクについてこう考えている!【まとめ】

被リンク外部対策

SEO】Googleは被リンクについてこう考えている!【まとめ】

Googleの被リンクについての考えを改めてまとめます。
被リンクSEO効果あるの?」
「へんなサイトからリンクされた」
と思っているような方へ。

スパムサイトからのリンクは無効化

Penguin が Google のコア アルゴリズムの一部になりました[Google ウェブマスター向け公式ブログ]
Penguin でさらにきめ細かい対応が可能になりました。新しい Penguin では、スパムに対して、サイト全体に影響を与えるのではなく、スパムのシグナルに基づいてランキングを調整するようになりました。

▼既に被リンクについてまとめた記事ですが、
まず、2016年9月の「ペンギンアップデート4.0」でのアルゴリズム修正により、
「スパムサイトからのリンクは無効化」となっています。

「スパムサイトから張られただけなら無視する」

▼Googleはこのように言っています。

■海外SEO情報ブログ

Google の John Mueller(ジョン・ミューラー)氏がスパムサイトから張られたリンクへの対処方法についてアドバイスしました。
リンクを否認すべきかどうかをミューラー氏は尋ねられました。
Googleのジョン・ミューラー氏

不自然なリンクではなく、ただ単にスパムサイトから張られただけなのであれば、私なら無視する。もっと大切な問題のために時間を取っておきなさい。
海外SEO情報ブログ より)

2018年のランキングファクターで被リンクの重要度は?

▼今年の「SMX West 2018」では
5:リファラードメインの数
6:バックリンクの数
8:followバックリンクの数

と、依然として重要なものであることがわかります。

ランキングファクターを重要度順に並べると以下のようになる。

1:ダイレクトサイト訪問
2:サイト滞在時間
3:セッション/ページ
4:直帰率
5:リファラードメインの数
6:バックリンクの数
7:リファラーのIPの数
8:followバックリンクの数
9:コンテンツの長さ
10:HTTPs
11:アンカーテキストの数
12:アンカー内のキーワード
13:body内のキーワード
14:キーワードの密度
15:title内のキーワード
16:meta内のキーワード
17:ページ内にビデオがあるか

バックリンクの数はまだSEOに影響がある
ページスピードは重要である
自分のコンテンツがニッチジャンルにおいて最良のものであるようにする
PR活動はSEO効果を高めるだろう
(SEO Japanより)

Googleの判断

▼こちらで紹介した記事では、同様のサイトがあった場合により多くのリンクがあるサイトを評価する、とあります。

まず、グーグルの視点から見てみよう。グーグルから見て同様のサイトが2つ(domainX.comとdomainY.com)があるとする。
domainX.comは、多くのページがウェブのいたる所から非常に多くのさまざまなリンクを獲得している。
それに対してdomainY.comは、同じように検索クエリとの関連性が高いかもしれないし、同じように優れたコンテンツかもしれないが、外部からのリンクはほとんどなく、あったとしても、同じ数だけのリンクが特定のキーワードをターゲットにした特定のページに張られているかもしれない。
このような場合、ドメイン名全体で見ると、評価はdomainX.comのほうがdomainY.comよりもはるかに高い。
というのも、より多くのリンクがdomainX.comのコンテンツ全体に広がっているからだ。それはつまり、domainX.comのコンテンツはより多くの場所からより多くの異なる方法でより多く参照されているということだ。
この場合、検索エンジンはdomainX.comのほうがdomainY.comよりもオーソリティが高く、おそらくは関連性もはるかに高いだろうと見なす。これがグーグルの解釈だ。
WEB担「SEOで「クリックベイト」「リンクベイト」「バイラルコンテンツ」が効果的なケースとは?」 より)

SEOコンサルタントの感想


被リンクについてGoogle言っている事は
被リンクがあるサイトを評価する
●スパムサイトからのリンクは無効化する

という事です。
もちろん、勿論、モチロン・・・・全てのサイトがGoogleの言っている通りになっているとは思えません。
もしかしたら質の低いリンクによって、なぜだか評価が下げられてしまっている事が結果として起こっているかもしれません。
どうしても「被リンク」が不安なら
「リンクの否認」をすれば良いだけです。
そして「リンクの否認」の作業は簡単です!

リンクの否認の手順

バックリンクを否認する – Search Console ヘルプ – Google Support

自分のサイトへのリンクをダウンロードする
Search Console のホームページでサイトを選択します。
ダッシュボードで [検索トラフィック]、[サイトへのリンク] の順にクリックします。
[リンク数の最も多いリンク元] の [詳細] をクリックします。
[その他のサンプルリンクをダウンロードする] をクリックします。[最新のリンクをダウンロードする] をクリックすると日付も確認できます。

否認するリンクのリストをアップロードする
リンクの否認ツールのページにアクセスします。
ウェブサイトを選択します。
[リンクの否認] をクリックします。
[ファイルを選択] をクリックします。

SEO被リンクサービスについて

当社では被リンクサービスを行っております。

SEOコンサルタント:千葉「ここまでがんばって貰って悪いんだけど、SEO対策のうち、“内部対策”の影響する割合は、私の個人的な印象では2割くらいかしらね。(※コンテンツ対策を除く)」
菅原「ここまでやったのは2割…ですか?」
SEOコンサルタント:千葉「そう。菅原がここまでベストな内部対策を施したとしてても、100点満点中で最高20点しか取れないの。」
菅原「そ、そんな…。」
SEOコンサルタント:千葉「もちろん、キーワードやライバルサイトによっては今までの作業でも十分効果は出るけど…。」
菅原「あの、残りの8割は何なんですか?」
SEOコンサルタント:千葉「“外部対策”よっ。」
菅原「外部対策ですか…。」
SEOコンサルタント:千葉「SEO対策会社がやるのがこの外部対策なのよ。(※最近ではコンテンツ対策重視ですけどね・・・。)」
菅原「じゃあ、お金がかかるんじゃ…?」
SEOコンサルタント:千葉「たしかにそうだけど、それだけじゃないの。お金のかからない“外部対策”もあるのよ。」
菅原「ほ、本当ですか?

(SEOコンサルタント:千葉と担当者:菅原の会話 その3 より)

上記で行っている「外部リンク」は自社グループのサイトやブログであり、違うドメインの社内コンテンツです。
当然これは「会社のコンテンツ」です。

しかしそれには限界があります。
自社で新たにドメインを取り、コンテンツ、それも検索エンジンに評価されるような「良質なコンテンツ」を作成する。
しかも年月を重ねてドメインに価値を持たせなければならない。

「すぐに順位が上がってくれないと困る!」

というようなお客様には当社のSEO被リンクサービス』をお勧め致します。

価格のお安め(本数の少ない)ものから少しお高い(本数の多い)ものまで、ご用意しております。

SEOオールドドメイン

お気軽にご相談ください。

SEOコンサルタント問い合わせ

興味のある方は是非ご相談ください。(宣伝)

SEO・その他お仕事のご依頼/お問合せ


SEO・お仕事のご依頼やお問合せはこちらからお願い致します。

●講演依頼・セミナーのお申し込みはこちら⇒「講演依頼のスピーカーズ」

SEOセミナー申し込み

●内容などについてのお問い合わせはこちら⇒メールフォーム(白石竜次へのお問い合わせ)

SEOセミナー問い合わせ

SEOまんが

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/プロローグ『SEOコンサルタント登場』

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第1話『SEO・内部対策をしよう!』

SEO関連著書

【本の情報】
■出版社:宝島社
■タイトル:『DeNAと万引きメディアの大罪』
■ページ: 240ページ
■著者:別冊宝島編集部 (編集)
※白石竜次は寄稿


SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技
SEO対策〈検索上位にヒットする〉コレだけ!技: 知識0、資金0でも大丈夫!」
世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本 ~内部&外部対策からコンテンツSEOまで!
「世界一わかりやすいSEO対策最初に読む本」
SEOコンサルタント問い合わせ
SEOコンサルタント問い合わせ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク