【SEO】GoogleがSEOの質問に回答…ランキング要因、フレッド/ペンギンアップデートなど

SEO】GoogleがSEOの質問に回答…ランキング要因、フレッド/ペンギンアップデートなど

GoogleのGary Illyes(ゲイリー・イリェーシュ)氏がSEO関連の質問に答えたレポートがありました。
詳しくは記事を見て頂きたいのですが、ここでは注目ポイントを引用させて頂きます。

GoogleのゲイリーがSEOの質問に答えた――Fredアップデート、ランキング要因の順番、titleタグ書き換えなど #StateofSearch 2017[海外SEO情報ブログ]

「フレッドアップデート」
Google は平均して1日に2回のアップデートを実行している。

「SNSとSEO
どのようにユーザーに受け止められているかが今はとても重要。たとえば、ソーシャルメディアでどのように言われいてるかはサイトの信頼性を判断することに利用されることもありうる。

SEO・ランキング要因について」
(コンテンツ、リンク、RankBrain の順に重要なランキング要因だと言われるが? という質問に対して)
あるクエリにおいては、リンクがとても重要な場合もある。でもリンクが完全にゼロでも上位表示しているサイトもある。
数百のアルゴリズムでどのページが最も関連性があるかを判断している。どのアルゴリズムが重要になってくるかはクエリによって変わってくるから、どれが一番重要だと決めることは意味がない。
RankBrain は主にロングテールで機能する。これまでになかったクエリでも上手に解釈できる。

「低品質ページを削除したりnoindexにする件」
低品質ページを削除したり noindex を付けたりしたとしても、サイトの評価が上がるとは限らない。
ページの削除よりもコンテンツを改善すべき。

「ユーザー行動のランキング要因について」
ランキングに直接影響するというよりも、ユーザーがどう思うかを考えたほうがいい。ネガティブな感情をオンラインでユーザーが持っているかどうかを、Google は見ている。

「ペンギンアップデートについて」
4.0 の導入以来、多少の改良はしてきたが、現在の状態に満足している。想定どおりに機能している。今はリアルタイム更新になっている。
海外SEO情報ブログ より引用)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SEOコンサルタントの感想

SEOの新たな情報と言うよりは、既存の情報の確認や進行状況の確認という感じでした。
この中での個人的ポイントは

・Googleは1日約2回のアップデートを実行
・SNSでの評価も関係する
・依然として被リンクは重要で効果がある。
・リンクが無くても良いコンテンツであれば上位表示される。
・ユーザーの行動を理解する事が必要
・アルゴリズムは常に変わっておりGoogleは満足している

という部分です。
このあたりを再確認できた事はありがたい情報です。

Googleアルゴリズム関連記事
















スポンサーリンク
スポンサーリンク