【SEO】Googleはスパムサイトからのリンクをきちんと無効化する

SEO】Googleはスパムサイトからのリンクをきちんと無効化する

サイトに外部リンクを貼る時、被リンクを得る時に気になる事は「このサイトからのリンクは果たして効果があるのだろうか?」です。
これは「このリンクが効果あるのか?効果無いのか?」という事ですが、もう一つ被リンクで気になる事があります。それは「この被リンクSEO効果を下げているのでは?」という疑問です。
実際にお客様から「Googleサーチコンソールで被リンクを確認したら変なサイトからのリンクがあった」というご相談をよく受けます。
結論から申し上げると
気になるようならGoogleサーチコンソールで「サイトの否認」作業をすれば良いのですが、Googleはこの件、被リンクについてコメントをしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Googleの被リンクについてのコメント

Googleが言うには「不自然リンクとスパムリンクは違う。スパムサイトから張られた自然なリンクだってありうる」[海外SEO情報ブログ]

リンクを否認すべきかどうかをミューラー氏は尋ねられました。

Googleのジョン・ミューラー氏
不自然なリンクではなく、ただ単にスパムサイトから張られただけなのであれば、私なら無視する。もっと大切な問題のために時間を取っておきなさい。
(海外SEO情報ブログ より)

ミューラー氏が意味する「不自然なリンク」と「スパムサイトからの単なるリンク」は、きっと次のようなものになるはずです。

不自然なリンク――検索順位を操作するために、サイト管理者が自らの意志で獲得した不正なリンク。たとえば自作自演リンクや有料リンク、ディレクトリへの登録、過度な相互リンク
スパムサイトからの単なるリンク――自分がまったく関与しない、一方的に張られたスパムサイトからのリンク
(海外SEO情報ブログ より)

Googleのジョン・ミューラー氏
『良いサイトから不自然なサイトを獲得することがありうるし、一方でスパムサイトから自然なリンクを獲得することだってありうる。』
(海外SEO情報ブログ より)

『関わっていないのであれば、スパムサイトからのリンクを気にする必要はない。
Google 側できちんと無効化する。』

(海外SEO情報ブログ より)

SEOコンサルタントの感想

スパムサイトからのリンクはちゃんとGoogleが無効化してくれるという事を言っています。
ですからGoogleの発言をそのまま受け取れば、スパムサイトからリンクを貼られようが、一切無視して大丈夫なのです。
ですが、サイト管理者はどうしても
「サイトの順位が低い」⇒「スパムサイトから被リンクを受けている」⇒「スパムサイトからの被リンクが自分のサイトの順位が悪いことの原因ではないか?」
という心理に陥ります。
それを解消するのは「サイトの否認」です。
結局サイトの否認をしても、サイト自体は何も変わらないかもしれません。しかしサイト管理者の心理的不安は解消されます。
ただ、私も少しだけ疑問があって、Googleの方針は「スパムサイトからのリンクは無効化」だけど、それが全てのサイトに適用されているかどうかはわかりません。
もしかしたらスパムサイトからの被リンクによりマイナスのSEO効果が発生しているかもしれません。
「サイトの否認」をやる事のリスクはありませんので気になる方はやっておくと良いでしょう。

リンクの否認の手順

バックリンクを否認する – Search Console ヘルプ – Google Support

自分のサイトへのリンクをダウンロードする
Search Console のホームページでサイトを選択します。
ダッシュボードで [検索トラフィック]、[サイトへのリンク] の順にクリックします。
[リンク数の最も多いリンク元] の [詳細] をクリックします。
[その他のサンプルリンクをダウンロードする] をクリックします。[最新のリンクをダウンロードする] をクリックすると日付も確認できます。

否認するリンクのリストをアップロードする
リンクの否認ツールのページにアクセスします。
ウェブサイトを選択します。
[リンクの否認] をクリックします。
[ファイルを選択] をクリックします。

Googleアルゴリズム関連記事














スポンサーリンク
スポンサーリンク