【誹謗中傷・逆SEO】漫画「外道の歌」…アイドルストーカー編3話感想

【誹謗中傷・逆SEO】漫画「外道の歌」…アイドルストーカー編3話感想

誹謗中傷対策と関連性が高く興味深いので紹介いたします。今回は「アイドルストーカー編」の3話です。

「外道の歌」とは?

「外道の歌」とはヤングキングに連載されている渡邊ダイスケ氏の漫画です。
第1部は「善悪の屑」というタイトルで、実写映画化が決定している大ヒット漫画です。
私は渡邊ダイスケ氏の「スフェリコン」からのファンで、単行本は全て購入しております。

渡邊ダイスケ「外道の歌」連載中@daisukoi

「外道の歌」「アイドルストーカー編」過去内容・感想

「外道の歌」「アイドルストーカー編」についてはこれまでに2回記事を書いております。

「外道の歌」「アイドルストーカー編」3話内容

「外道の歌」「アイドルストーカー編」3話の内容を簡単に説明しますと・・

ストーカーによりネットでの誹謗中傷を受けた山里かんなが、
ストーカーの家に押しかけて殺してしまった。
「朝食会」榎加世子は依頼人である山里かんなにストーカーの住所は伏せていた。
しかし名前をメールアドレスは見せていたので、興信所に依頼して
住所を特定してしまったのだと推測される。
榎加世子は「朝食会」の特殊清掃員に連絡し遺体と現場の処理を依頼する。
「朝食会」は山里かんなにこの件を他言しないよう話し、この件は終了。
榎加世子の相棒である鶴巻は「自分を責めるな」と慰めるが榎加世子は自分を責め涙する。

誹謗中傷・逆SEOコンサルタントの感想

「外道の歌」のファンであるから当然ではあるのですが、このシリーズは本当に楽しませて頂きました。
色々と現実の事件や内情を知っている事もあり物語が非常にリアルに感じました。
今回のアイドルは本当に全く非が無く、同情に値するものでしたが、ファンを金づるとしか考えていないアイドルもいますし、芸能事務所(の権力者)はそもそもヤクザ同然ですからね。
話はそれますが「インサイーダーズ 内部者たち」という映画を見ました。

政治家、新聞社、企業の悪党がつるんでいて、これを懲らしめるという内容の
社会派ドラマです。これの結末が、ネットを使ったとある方法で反撃するというものでした。
「外道の歌」の趣旨とは少し違いますが、こういう「ネットやITで懲らしめる」というの物語も観たいですね。
(できれば自分で作りたいです。。)

アイドルストーカーについて

ここ1ヵ月程度でも、大きな「アイドルストーカー」のニュースが2つありました。
一つは菊池桃子さんのストーカーの件。

再びストーカー容疑、逮捕 釈放後に菊池桃子さん宅へ [日本経済新聞]

女優の菊池桃子さんにつきまとい行為をしたとして、警視庁池袋署は24日、東京都足立区の無職、飯塚博光容疑者(56)をストーカー規制法違反の疑いで逮捕した。3月にもストーカー行為で現行犯逮捕され、4月に罰金の略式命令を受けた。池袋署によると、釈放時につきまといの禁止命令が出され、飯塚容疑者は「二度と近づきません」と話していた。
逮捕容疑は19日午後4時すぎ、禁止命令が出ているのに菊池さん宅に押しかけ、インターホンを鳴らした疑い。池袋署によると、「どうしても会いたくて行ってしまった」と話している。
菊池さんは当時、不在だったが、その後、被害に気付き、23日に池袋署に被害を申告した。〔共同〕

そしてもう一つは元AKB48・岩田華怜さんのストーカーの件です。

AKB48元メンバー、岩田華怜さんにつきまとい行為 ストーカー規制法違反容疑で42歳男を逮捕[産経ニュース]

人気アイドルグループ「AKB48」の元メンバーで女優の岩田華怜さん(20)につきまとい行為を繰り返したとして、警視庁人身安全関連事案総合対策本部は19日、ストーカー規制法違反容疑で、東京都江戸川区の職業不詳、大西秀宜容疑者(42)を逮捕した。大西容疑者は調べに対して「逮捕状の内容には事実もあるし、事実でないところもある」と供述しているという。

同本部によると、大西容疑者は岩田さんがデビューした直後の平成24年ごろからファンになり、25年に握手会会場でプロポーズ。岩田さんが断り、事務所が近づかないよう注意したところ、大西容疑者はブログに岩田さんの家族を脅迫する文章を書いた上、出演イベントでつきまとい行為を繰り返したという。

岩田さんから相談を受けた警視庁は、大西容疑者に口頭や書面での警告を複数回行ったが、大西容疑者はブログに「愛は邪魔されると逆に燃え上がる」などと投稿。その後も、出演舞台の会場を訪れるなどしたため逮捕された。

逮捕容疑は4月に岩田さんが出演する舞台の会場に押し掛けるなどストーカー行為をしたとしている。

私はAKBグループのファンでして、岩田華怜さんのファンというわけでは無いのですが、
岩田華怜さんにお会いしてサインを頂いた事があります。
そして、問題はこのストーカーなのですが、この人物はファンの中では数年前からの有名な人物でした。
私は会った事が無いのですが、劇場や握手会会場などにいつも来ていて、会った事があるファンは多数います。
このストーカーは「外道の歌」とは大きく違います。
自己顕示欲が強く、自分のブログで名前を出してアイドルの感想や批判を書いたり、動画サイトでは顔を出して語ったりしていました。
握手会会場では数年前に岩田華怜さん結婚を申し込む(冗談ではなく)などで「出禁」になっていたと記憶しています。
ですから私の感想は「今頃逮捕かよ」という感じです。
身元も特定されていてストーカー行為の証拠も沢山あるのですからとっくに逮捕されてもおかしくなかった。
勿論AKBや岩田華怜さんの事務所(ホリプロ)が大ごとにしたくないというのもあったかもしれません。
今回、逮捕されましたが問題はこの後です。
菊地桃子さんの件では禁止命令が出ているのにストーカーが自宅に来てしまった。
つまり、禁止命令程度では全く効果が無いのです。
やはりGPSを取り付けたり一生隔離するなどの対処が必要だと考えます。
そうでないと、今回の「外道の歌」のエピソードの様に、最悪の事態(殺人)となってしまいます。

もし、ネットでの誹謗中傷被害に遭われたならまずは弁護士か誹謗中傷対策の業者に相談する事です。ほとんどの業者は相談だけでしたら無料ですので。
※6/25追記
アイドルではありませんが、有名ブロガーの殺人事件がありました。

【ネット殺人】福岡ブロガー刺殺事件の詳細判明 / Hagexこと岡本顕一郎氏が松本英光容疑者にトイレで殺害される「死なせてやろうと思った」[バズプラスニュース Buzz+]

2018年6月24日(日曜日)20時前後、福岡県福岡市の旧大名小学校内で、インターネットセキュリティー企業「株式会社スプラウト」スタッフの岡本顕一郎さん(41歳)が、松本英光容疑者(42歳 / 無職)に背中をナイフで刺され死亡した。

SEO・IT漫画「ウェブマブ!」


■マンガボックスインディーズ

■DAYS NEO -デイズ ネオ-

■マガジンデビュー

■少年ジャンプルーキー

■あしたのヤングジャンプ

SEOまんが

スポンサーリンク
PR