フッタリンクを設置しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■初心者向けSEO対策2010
フッタリンクを設置しよう

▼今回も、「内部対策」のひとつであり、「パンくずリスト」とは違う便利さ(ユーザビリティのよさ)のある、「フッタリンク」を設置しましょう。パンくずリストは全ページでちがう内容を入れる必要がありましたが、これは全ページ共通ですので、比較的楽な作業になります。

○フッタリンクとは?

今回は「パンくずリスト」に続いて「フッタリンク」を設置しましょう。フッタリンクというのは、ページの下によく見かける、「TOP|お問い合わせ|会社概要」といったリンクのことです。
フッタリンクを設置するメリットは、「パンくずリスト」と同様、ホームページを見ているお客さんが使いやすいということ。そして、SEO的なメリットも同様、それぞれのページタイトルでリンクを貼ることにより、「内部リンク」になる事と、検索エンジンのロボットがページを認識しやすくなるという点です。その結果、キーワードでの効果も高まります。

[1階層]TOPページ
|  |
| [2階層]国内/海外/特集トップ/会社概要/サイトマップ/リンク集/など…

[3階層]北海道

※3階層目、4階層目にあるページでも、「共通リンク」であるフッタリンクからリンクが貼ってあれば、どのページからでも1クリックでたどり着くことができ、便利であり、お客様を誘導できます。

○フッタリンクを設置する

それでは、全ページにフッタリンクを設置してみましょう。

——————————-タグ—————————————
<!–/フッターここから–>
<div>
<a href=”/link.html”>国内旅行ドットコム TOP</a>
<a href=”/hotel.html”>| 国内ホテル検索</font></a>
<a href=”/campany.html”>| 会社概要</font></a>
<a href=”/sitemap.html”>|サイトマップ</font></a>
<a href=”/QA_list.html”>|よくある質問</font></a>
<a href=”/help_form.html”>|お問いあわせ</font></a>
<a href=”/link.html”>| リンク集</font></a>
</div>
<!–/フッターここまで–>
<!–フッタナビ–>
—————————————————————————

↑このようなタグを、ページの最下部に挿入していきます

その結果、フッタリンクが表示されます。

フッタリンクの中に目標としているキーワードを入れてもよいですが、1ページに多くのリンクを入れすぎたり、単語を大量に並べると、検索エンジンのペナルティになる場合があります。詰め込み過ぎに注意してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク