【SEO】サーチコンソール「Fetch as Google」の回数制限が変更で1日10件に!

SEO】サーチコンソール「Fetch as Google」の回数制限が変更で1日10件に!

Googleサーチコンソール「Fetch as Google」の回数制限が変更となったようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Fetch as Googleのインデックス登録リクエストの回数制限が変更に

Fetch as Googleのインデックス登録リクエストの回数制限が変更に――個別URLは1日10件まで、全URLは1日2件まで[海外SEO情報ブログ]

この制限が次のように変わりました。

この URL のみをクロールする: 1 日につき 10 件まで
この URL と直接リンクをクロールする: 1 日につき 2 件まで

Fetch as Google

URL の再クロールを Google にリクエストする[Search Console ヘルプ]

URL の再クロールとインデックス再登録を Google にリクエストする
1:Fetch as Google を使用して URL の取得(または取得とレンダリング)をリクエストするか、履歴テーブルから上記の要件を満たす最近の取得を選択します。取得されるべきページが取得できているか確認してください。ツールでページを取得できない場合や、ページが完全には表示されない場合は、Google が間違って分類したか、クロールできなかった可能性があります。
2:履歴テーブル内の取得の横にある [インデックス登録をリクエスト] をクリックします。このリクエスト機能は、上記の要件を満たしていなかった取得の横には表示されません。
3:1 つの URL のみをクロールするか、その URL からの直接リンクまでクロールするかを選択します。
[この URL のみをクロールする] では、選択した URL のみが送信され、Google によって再クロールされます。この方法では、30 日間に 500 件まで URL を送信できます。
[この URL と直接リンクをクロールする] では、選択した URL に加え、その URL から直接リンクしているすべてのページが送信され、Google によって再クロールされます。このタイプのリクエストは 30 日間に 10 件まで送信できます。
4:[送信] をクリックしてリクエストをキューに登録します。
5:再クロールは即時に行われるわけではなく、インデックスへの登録が保証されるわけでもありません。 通常、リクエストに特に問題がなくても、処理されるまでには数日かかります。また、Google では複雑なアルゴリズムを使ってインデックス登録されたデータの更新を行うため、必ずしもすべての変更がインデックスに登録されるとは限りません。あらかじめご了承ください。
(Search Console ヘルプ より)

Ask Google to recrawl your URLs[Search Console Help]

3:Select whether to crawl only that single URL, or that URL plus its direct links:
Crawl only this URL submits only the selected URL to the Google for re-crawling. You can submit up to 10 individual URLs per day.
Select Crawl this URL and its direct links to submit the URL as well as all the other pages that URL links to directly for re-crawling. You can submit up to 2 of these site recrawl requests per day.

(Search Console Help]¥ より)

SEOコンサルタントの感想

上限が
[この URL のみをクロールする] は「30日間に500件」⇒「1日10件」・・・「30日300件」
[この URL と直接リンクをクロールする] は「30日間に10件」⇒「1日2件」・・・「30日60件」

になりました。

SEOまんが

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/プロローグ『SEOコンサルタント登場』

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第1話『SEO・内部対策をしよう!』

SEO関連著書

【本の情報】
■出版社:宝島社
■タイトル:『DeNAと万引きメディアの大罪』
■ページ: 240ページ
■著者:別冊宝島編集部 (編集)
※白石竜次は寄稿

SEO情報アンテナ

スポンサーリンク
スポンサーリンク