【SEO】構造化データをプロモーションに利用するサイトをGoogleが警告

SEO】構造化データをプロモーションに利用するサイトをGoogleが警告

検索結果にイベントのリッチスニペットを表示させようとしてイベント (Event) の構造化データを悪用する行為についてGoogleが注意喚起しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Googleが注意喚起

Googleウェブマスター向け公式ブログ
Official Google Webmaster Central Blog: A reminder about “event” markup

イベントのリッチスニペットをクーポンやバウチャーをプロモーションする目的で悪用しているサイトが存在するようです。

イベント構造化データのコンテンツ ガイドラインに、イベントではないのにイベントとしてマークアップする使用例として「クーポン・バウチャー」が追加されています(4つ目。クーポン・バウチャー以外の不適切な使用例も3つ掲載されている)。

海外SEO情報ブログより)

Content guidelines[Google Developers]

Don’t promote non-event products or services such as “Trip package: San Diego/LA, 7 nights” as events.
Don’t add short-term discounts or purchase opportunities, such as: “Concert ? buy your tickets now,” or “Concert – 50% off until Saturday.”
Don’t mark business hours as events, such as: “Adventure park open 8 AM to 5PM.”
Don’t mark coupons or vouchers as events, such as: “5% off your first order.”
(Google Developers より)

SEOコンサルタントの感想

詳しくは「海外SEO情報ブログ」さんをご覧頂ければと思いますが、通常「イベント」と検索するとこのように表示されます。

Google「イベント」の検索結果

1月1日 – 12月17日 大江戸骨董市 丸の内, 東京
2017年11月3日 – 2018年1月8日 Baccarat … 恵比寿, 東京
2017年11月9日 – 2018年2月14日 有楽町マリオン イ … 有楽町, 東京
(じゃらんnet より)

こういう所に「○○30%値下げ」とか表示させるのは違うだろ!という事ですね。
広告屋はあの手この手で宣伝しようとしてきますね。

Googleアルゴリズム関連記事



















SEOコンサルタント問い合わせ
SEOコンサルタント問い合わせ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク