【SEO】Googleが検索結果のスニペットを拡張…「ワンピースとは」の強調スニペット

SEO】Googleが検索結果のスニペットを拡張…「ワンピースとは」の強調スニペット

Googleが検索結果ページのスニペット(ミニ情報)を拡張

Googleが検索結果ページのスニペット(ミニ情報)を拡張して多義的な質問にも対応[TechCrunch Japan]

数年前からGoogleの検索結果の最上部に強調スニペット(featured snippets)という小さなコラムが出て、そこにWebページからの情報が“お急ぎ回答”として表示されることがある。そこに今度からは、質問の意図がGoogleにとって明確でなかったような場合に、複数の答が表示されるようになった(下図)。

Googleはブログの記事で、いろんな意味に解釈できる質問がある、と説明している。たとえば下図の、“garden needs full sun?”(庭は完全な太陽を必要とするか?)という質問は、“完全な陽光を必要とする庭の植物は何か?”とか、“どれくらいなら完全な太陽と言えるか?”など、いろんな意味に取れる。Googleの今度の多面的強調スニペット(multifaceted featured snippets)では、これら両方の質問の答が表示される。

この機能は当初、複数の意味に取れる質問だけを対象とする。たとえば“tooth pain after a filling”(詰めものの後の歯痛)は、「歯痛の理由を知りたい」と「どれぐらい長く痛むか」の意味に取れる。

複数の強調スニペットが同時に出現するマルチファセット強調スニペットをGoogleが導入[海外SEO情報ブログ]

同時に複数が出現する強調スニペットを Google は “multifaceted featured snippets” と名付けています。

“multifaceted”(マルチファセット、マルチファセッテッド)は、日本語では「多面」「多角的」と訳されます。
「多面強調スニペット」と呼ぶこともできそうですが日本語名称は不明なので、この記事では「マルチファセット強調スニペット」ととりあえず呼ぶことにします。

「ワンピースとは」を検索

まずはアメリカからという事で日本はまだのようですが、試しに検索してみました。

「複数の意味に取れる質問」と聞いて思いついてのが「ワンピースとは」です。
以前も記事に書きましたが、「漫画・アニメ」と「洋服」どちらの意味も有名な言葉です。
そこでGoogleで「ワンピースとは」と検索して見ました。
出てきた強調スニペットがこちらです。

「ワンピースとは」の強調スニペット

検索結果の1ページ目は「漫画・アニメのワンピース」についての情報がほとんどなのですが、
強調スニペットは「洋服のワンピース」についての解説でした。
検索される対象としては「漫画・アニメのワンピース」のほうが多いのですが、
「ワンピースとは」というワードで検索するのは「洋服のワンピース」のほうが多いということでしょうか。

【SEO】Google検索結果の強調スニペットが減りナレッジパネルが30%以上増加

「同じ言葉で複数の意味を持つワード」で有名なのが「ワンピース」です。
洋服の「ワンピース」と、アニメ漫画の「ワンピース」と、どちらも有名でありながら同じ言葉です。

Google検索で「ワンピース」と検索した検索結果

この検索結果ではアニメ漫画の「ワンピース」のナレッジパネルが表示され、上位もアニメのほうになっています。
洋服のほうは5位以下です。

SEOまんが

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/プロローグ『SEOコンサルタント登場』

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第1話『SEO・内部対策をしよう!』

SEO関連著書

【本の情報】
■出版社:宝島社
■タイトル:『DeNAと万引きメディアの大罪』
■ページ: 240ページ
■著者:別冊宝島編集部 (編集)
※白石竜次は寄稿


SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技
SEO対策〈検索上位にヒットする〉コレだけ!技: 知識0、資金0でも大丈夫!」
世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本 ~内部&外部対策からコンテンツSEOまで!
「世界一わかりやすいSEO対策最初に読む本」
SEOコンサルタント問い合わせ
SEOコンサルタント問い合わせ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク